スタッドレスタイヤの選び方

冬の寒冷地などでクルマに乗るにはスタッドレスタイヤの使用が必要になります。安全に走行するためにも自分のクルマに合ったものを選びましょう。

サイトトップ > スタッドレスタイヤの構造

スポンサードリンク

スタッドレスタイヤの選び方

スタッドレスタイヤの構造


雪の積もった道路や凍結した道路を安全に走行するために、スタッドレスタイヤには普通のタイヤとは違った特徴を持っています。スタッドレスタイヤの溝は普通のタイヤに比べると、深い設計になっています。この深い溝によって雪を噛むようにしてグリップを得ることができ、積雪路での安定した走行を可能にするのです。


道路に接地したときに溝に噛んだ雪はタイヤが回転する間に溝からはがれ落ちていくので、再度道路に接地したときには、新たに雪を噛むことが可能になります。走行中はこれを繰り返すことになります。


スタッドレスタイヤの溝を構成するブロックには、さらに細かい溝が切られています。これはサイプと呼ばれており、この細かい溝によりブロックが変形し、凍結路などで路面を引っかくようにしてグリップを得ているのです。


スタッドレスタイヤに使用されているゴムは、通常のタイヤのゴムとは異なっており、低温でも柔軟性があり、常温でも溶けない特殊なものです。凍結路でのグリップ性能を向上させるため、このゴムには各メーカーが独自の工夫を凝らしていてます。


例えば、気泡を含んだゴムを使用し吸水性や吸着性をあげたものや、ガラス繊維やクルミの殻を練り込むことで、引っ掻き効果を持たせたものなど様々なものがあります。


スタッドレスタイヤの選び方

MENU



スポンサードリンク